減塩の鶏の照り焼き

減塩の鶏の照り焼き
Pocket




【減塩レシピ】鶏の照り焼き

-1食 塩分0.8g-


一般の照り焼きは、タレが濃くって美味しいですが、減塩の照り焼きも負けてません!
ごはんにも合うし、お弁当にもバンバン入れています。

作るポイントは、最後に火が通った鶏肉を別の皿に分けておき、煮汁を少し煮詰めます。
すると、ちょっと頼んないタレが、鶏肉のダシが入ることによって美味しくなります。
鶏肉の上にかける分まで煮詰めすぎないように気をつけてね。

下記の写真にはありませんがマヨネーズを大さじ1(塩分0.3g)を追加でトッピングするとよりおいしくなります!
一味をかけると尚、美味しい (^・^)

 

 

減塩の鶏の照り焼き写真は材料の一人分の量です。
                         お皿は直径20cmです。

 

 

材料 3人分 塩分1人0.8g

 


鶏肉 (300gx2枚)                   600g

< 調味料 > 
* 減塩しょうゆ      大さじ2 (30ml)
                                     塩分 2.4g
* お酒                  中さじ4 (40ml)
* みりん       中さじ4 (40ml)
砂糖                    中さじ2
  *をすべて合わせておく

油             大さじ1

 

 

使っている材料と調味料

このレシピで使用している塩分の入った調味料を紹介します。
この調味料を使う事で、このレシピの塩分摂取量となります。
参考にしてみて下さい。
 
 


  • ー 塩 分 ー
    15ml(大さじ1)あたり 1.2g
    100mlあたり       8g

 

 

作り方

  1. フライパンに油をしき、鶏肉の皮から焼き色が付くまで焼く。
  2. 焼き色が付いたら、ひっくりがえして弱火にしてから合わせた調味料と砂糖を加える。
  3. 中火で蓋をして4分煮る。そして、ひっくり返してまた、4分皮の方を煮る。
  4. 煮あがった鶏をまな板に取り、横長の方向で半分に切ってから一口大に切る。
  5. 鶏を取り除いて残ったタレを少し煮詰め、タレを三等分に分けて鶏肉にかけて出来上がり。

 

 
 

ワンポイントアドバイス

  • 最後のタレを煮詰める加減に注意して下さい。
    タレは大さじ4 1/2 (一人分、約大さじ1 1/2)ほど残す感じまで、煮詰めると味が濃くなっていい感じです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • お役立ち情報

私が定番で使っている調味料は、さほど珍しくもありませんが、たまに置いていなかったり、売り切れていたり、はたまた商品が排除されていたりします。
もう、そんな時は本当に残念でなりません。

そこで思いついたのがネットスーパー!
いくつか探してみて、商品の品揃えが多かったのがイトーヨーカドーネットスーパーです。
品揃えが多いと一度に購入もできるし、ついでにお米やビールの重たいものまで配達してもらえるこの便利さ!

そして、なによりも調味料を探すストレスが減ります。

さらに、嬉しい事にここのプライベートブランドの調味料で塩分の少ない商品もありました。こちらのプライベートブランドの調味料を使っても塩分摂取量が変わらないので、お好きな方を選んでね。

-商品-
セブンプレミアム 味付けポン酢 大さじ1 (15ml) 塩分1.1g
セブンプレミアム 昆布だしつゆ 大さじ1 (15ml) 塩分1.1g

 

イトーヨーカドーネットスーパーの商品を見てみる

※ 見学することも出来ます!
  上の表記をクリックすると、一番下に 「ネットスーパートップページへ >」 のボタンがあり、それをクリックすると右端の下の方に「見学される方はこちら」のボタンがあります。
取り扱っている食品などがリアルに見れるので、どんな感じなのかがわかってとっても参考になりますよ!
まずは、見学してみてね (^^♪

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。