【減塩レシピ】 煮詰めて美味しく!ぶり大根

【減塩レシピ】 煮詰めて美味しく!ぶり大根
Pocket

【減塩レシピ】ぶり大根

-1食 塩分1.2g-


いつかしようと思っていたぶり大根です。
ぶりの大きな厚めの切り身を見つけたのでそれを買いました。
なので、1切れ4等分しています。

ぶりのアラだとサッと茹でた後に血合いなども取った方が、臭みが出なくていいのですが、今回は切り身を使いますのでサッと茹でてザルに上げるだけで大丈夫です。

大根も鍋で茹でる方法を紹介していますが、レンジですると早く火が通ります。
ワンポイントアドバイスで紹介していますので、やり易いほうで行なって下さい。

煮汁を煮詰める時、私は強火で5分したのですが、5分もあるとちょっとお鍋から目を離してしまい、焦げる寸前になってしまってすごく焦りました。

でも、味は濃厚でとても美味しかったです。
残念ながら、煮汁がほとんどなくなってしまいましたが (^_^;)

ですので、 下記の作り方では、中火強で4分に設定しています。
途中、様子を見ながら皆さんのお好みで煮詰めて下さいね!

 

スポンサーリンク

 

【減塩レシピ】 煮詰めて美味しく!ぶり大根写真は材料の一人分の量です。
お皿は直径15cmです。

 

材 料  3人分 塩分1人1.2g

ぶりの切り身                   3切れ
大根                             500g
水            150ml
            
  

< 調味料 > 
*(減塩)しょうゆ         大さじ3 (45ml)
                                        塩分 3.6g
* 酒          大さじ4 (60ml)
* みりん        中さじ4 (40ml)
* 砂糖         大さじ1
 

 

 

使っている材料と調味料

このレシピで使用している塩分の入った調味料を紹介します。
この調味料を使う事で、このレシピの塩分摂取量となります。
参考にしてみて下さい。
 


  • ー 塩 分 ー
    15ml(大さじ1)あたり 1.2g
    100mlあたり       8g

 

 

 

作り方

  1. 大根は、乱切りにして茹でて火を通す。
  2. ぶりの切り身は、大きさに合わせて3~4等分に切る。
    ぶりもサッと湯通して、ザルに上げておく。
  3. 調味料と水150mlを鍋に入れて、大根とぶりを入れアルミホイルで落し蓋をして、中火強で4分煮る。
  4. 4分煮た後、アルミホイルを取って中火強で4分煮詰め、様子を見て煮汁の量を適量まで煮て出来上がり。

 

 

ワンポイントアドバイス

  •  大根は、電子レンジですると簡単に火が通ります。
     1.乱切りにしてナイロン袋に入れてほんの少し水を入れます。
     2.平らにして、両面をレンジで2分ずつします。(ナイロンの口はふさぎません)
     大根をナイロン袋から出す時、やけどに気をつけて下さいね。
  •  煮汁の煮詰め具合で、味の濃さが変わってきますので、お好みで煮詰めて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • お役立ち情報

私が定番で使っている調味料は、さほど珍しくもありませんが、たまに置いていなかったり、売り切れていたり、はたまた商品が排除されていたりします。
もう、そんな時は本当に残念でなりません。

そこで思いついたのがネットスーパー!
いくつか探してみて、商品の品揃えが多かったのがイトーヨーカドーネットスーパーです。
品揃えが多いと一度に購入もできるし、ついでにお米やビールの重たいものまで配達してもらえるこの便利さ!

そして、なによりも調味料を探すストレスが減ります。

さらに、嬉しい事にここのプライベートブランドの調味料で塩分の少ない商品もありました。こちらのプライベートブランドの調味料を使っても塩分摂取量が変わらないので、お好きな方を選んでね。

-商品-
セブンプレミアム 味付けポン酢 大さじ1 (15ml) 塩分1.1g
セブンプレミアム 昆布だしつゆ 大さじ1 (15ml) 塩分1.1g

 

イトーヨーカドーネットスーパーの商品を見てみる

※ 見学することも出来ます!
  上の表記をクリックすると、一番下に 「ネットスーパートップページへ >」 のボタンがあり、それをクリックすると右端の下の方に「見学される方はこちら」のボタンがあります。
取り扱っている食品などがリアルに見れるので、どんな感じなのかがわかってとっても参考になりますよ!
まずは、見学してみてね (^^♪

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。