減塩でもお腹いっぱい!タルタルソースで野菜も一緒に食べる!【減塩のチキン南蛮】

【減塩レシピ】野菜も取れるタルタルソースがけのチキン南蛮
Pocket

スポンサーリンク

【減塩レシピ】野菜も取れるタルタルソースがけのチキン南蛮

 鶏肉は、胸肉を使用していますがもも肉でも当然、美味しいです。

胸肉の切り方ですが、よく見ると真ん中に筋ぽいのが入っているのがわかると思います。

それにそってカットしてから、繊維を切るようにそぎりにしてカットしていくと、食べた時にやわらかい食感で食べることが出来ます。

ぱさついた感じもありませんので、ぜひ試してみてね!

 

【減塩レシピ】野菜も取れるタルタルソースがけのチキン南蛮写真は材料の一人分の量です。
お皿は直径23cmです。

 

【材 料】4人分 塩分1人 1.2g

鶏の胸肉                     600g
卵                             1個
小麦粉           適量
            

甘酢 > 
*(減塩)しょうゆ     大さじ2 1/2 (37.5ml)
                                         塩分 3.0g
* お酢                      大さじ4 (60ml)
* さとう                   大さじ5
       *をすべて合わせておく

 

<タルタルソース>
ゆで卵        2個
玉ねぎ        1/4
マヨネーズ     大さじ5 (75g)
                             塩分 1.5g
ケチャップ     中さじ(18g)
             塩分0.2g

 

 

使っている材料と調味料

 
このレシピで使用している塩分の入った調味料を紹介します。
この調味料を使う事で、このレシピの塩分摂取量となります。
参考にしてみて下さい。

 

 

商品の塩分
大さじ1 (15ml) あたり 1.2g

 

 

 

商品の塩分
15g あたり  0.3g 

 

 

商品の塩分
18g あたり  0.2g
100gあたり 1.3g

 

 

【 作り方 】

  1. タルタルソースは、
    ①玉ねぎは、みじん切りにしてレンジで火を通しておく。
    ②ゆで卵は、みじん切りにする。
    ③ ①、②と残りの調味料とをすべて合わせておく。
  2. 甘酢の調味料を合わせて、ひと煮立ちさせて砂糖を溶かし、馴染ませておく。
  3. 鶏の胸肉は、横長に半分でカットして、約1cmのそぎりにする。
  4. 4.の肉に小麦粉を薄く付け、溶き卵に潜らせて、180度の油で約3分間揚げる。
  5. 揚げた鶏肉は、その都度、甘酢に浸けていく。
  6. 甘酢に浸けた鶏肉とタルタルソースを4等分に分けて鶏肉の上にタルタルソースをかける。
  7. 最後に余った甘酢を各大さじ1を回しかけて出来上がり。

 

 
 
 

ワンポイントアドバイス

  • 上記の写真では、下にレタス等敷いていますが、野菜類を鶏肉の下に盛る事でタルタルソースと一緒に食べる事ができます。
    なので、ドレッシングは使いませんので、塩分を抑えることが出来ます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • お役立ち情報

私が定番で使っている調味料は、さほど珍しくもありませんが、たまに置いていなかったり、売り切れていたり、はたまた商品が排除されていたりします。
もう、そんな時は本当に残念でなりません。

そこで思いついたのがネットスーパー!
いくつか探してみて、商品の品揃えが多かったのがイトーヨーカドーネットスーパーです。
品揃えが多いと一度に購入もできるし、ついでにお米やビールの重たいものまで配達してもらえるこの便利さ!

そして、なによりも調味料を探すストレスが減ります。

さらに、嬉しい事にここのプライベートブランドの調味料で塩分の少ない商品もありました。こちらのプライベートブランドの調味料を使っても塩分摂取量が変わらないので、お好きな方を選んでね。

-商品-
セブンプレミアム 味付けポン酢 大さじ1 (15ml) 塩分1.1g
セブンプレミアム 昆布だしつゆ 大さじ1 (15ml) 塩分1.1g

 

イトーヨーカドーネットスーパーの商品を見てみる

※ 見学することも出来ます!
  上の表記をクリックすると、一番下に 「ネットスーパートップページへ >」 のボタンがあり、それをクリックすると右端の下の方に「見学される方はこちら」のボタンがあります。
取り扱っている食品などがリアルに見れるので、どんな感じなのかがわかってとっても参考になりますよ!
まずは、見学してみてね (^^♪

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。