直径21cmのフライパンで簡単に作れる減塩のぶりの照り焼き

直径21cmのフライパンで簡単に作れる減塩のぶりの照り焼き

 

【減塩レシピ】フライパンで簡単に作るぶりの照り焼き

-1人分 塩分0.6g-


減塩のぶりの照り焼きのポイントは、直径21cmのフライパンです!
調味料の量が少ないので切り身がギリギリに入るフライパンがいいです。フライパンが大きいと調味料が全体に広がり蒸発してしまうので上手く仕上がりません。

 

作る時は、なるべく小さなフライパンか、なければお鍋を使った方が美味しくできます。
お鍋の時は、先にぶりだけをフライパンで焼くか、魚焼きグリルで表面に焼き色をつけてからお鍋で作って下さい。

 

お魚をした時に困るのが、あともう一品です。どうも魚だけでは、まんぷくにはなりません・・・。
かと言って、何でもかんでも食べさせる訳にもいかず・・・。
そうこう考えてしまい、私はついつい魚料理は敬遠してしまいがちです。

 

ぶりの照り焼きとあと1品は、『 栄養満点の野菜炒め 』はどうですか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

直径21cmのフライパンで簡単に作れる減塩のぶりの照り焼き写真は材料の一人分の量です。
                           お皿は直径20cmです。

 

材料 3人分 塩分1人0.6g

ぶりの切り身          3切れ
 

< 調味料 > 
 *(減塩)しょうゆ    大さじ1.5 (22.5ml)
                                         塩分 2.8g
* お酒                       大さじ2 (30ml)
* みりん        大さじ2 (30ml)
* さとう                    中さじ1
      *をすべて合わせておく

油           適量
   

 

 

使っている材料と調味料

 
このレシピで使用している塩分の入った調味料を紹介します。
この調味料を使う事で、このレシピの塩分摂取量となります。
参考にしてみて下さい。

 

 

商品の塩分
大さじ1 (15ml) あたり 1.2g

 

 

作り方

  1. フライパンに油をひき、ぶりを両面焼く。
  2. フライパンの熱が少し下がったら、合わせた調味料を入れてぶりに火を通したら取り出し、調味料だけを少し煮詰める。
  3. 2.にぶりをもどして調味料を絡めて出来上がり。 

 

 

 

    ぶりを使った煮込み料理
 煮詰めて美味しく!ぶり大根

 

 

 

 

ワンポイントアドバイス

  • こちらは、直径21cmの浅いフライパンを使ってぶりを焼いています。
    3切れがギリギリ入っています。
    両面を焼いて調味料を入れるだけで簡単に作れます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。