白ワインにも合う!たまには洋風で減塩のアクアパッツァレシピ

白ワインにも合う!たまには洋風で減塩のアクアパッツァレシピ
Pocket

-1食 塩分0.3g-


前回に紹介した『ローストビーフ(塩分2.0g)』と一緒に作った、減塩のアクアパッツァを紹介します。

これも、作り方はとても簡単です!
と言うか、ただでさえ調味料をいちいち量らないといけないのに、それ以上に凝った調理はあまりしたくないですよね!
 
鯛の切り身とフライパンで仕上げる簡単なアクアパッツァです。
白身のお魚なら何でも代用できます!
 
今回は、誕生日という事で鯛にしました。

ローストビーフ(塩分2.0g)とアクアパッツァ(塩分0.3g)を並べるととても、豪華になりました ٩(ˊᗜˋ*)و 
二品合わせても塩分が2.3gです。
ワインと一緒にどうぞ!
 
今回の塩分は、0.3gとかなり少なめですが、アサリのダシと鯛のダシが良く出ていてこれだけで十分味わえます。

あさりの砂出しですが、普通なら塩分濃度を海水と同じにして砂出ししますが、それだと砂は吐いてくれますが、塩分を含んだままになってしまいます。
 
そこで、良い方法を1つ!
50度のお湯に浸けるというやり方です。
お湯で砂出しをする事で、アサリが持っている塩分は、かなり少なくなります。
おまけになぜか身もふっくらとして美味しくなりまよ!
 
下記のワンポイントアドバイスで紹介していますので試してみてね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

白ワインにも合う!たまには洋風で減塩のアクアパッツァレシピ写真は材料の一人分の量です。
お皿は 幅22X15cm、深さ4cmです。

 

-材 料-  3人分 塩分1人0.3g

鯛の切り身        6切れ
プチトマト        約12個
にんにく        1切れ
アサリ      200gぐらい (約20個 )
パセリ                       適量
ワイン                大さじ4 (60ml)
水                            200ml
塩                       1g  (塩分0.7g)

  
 

 

使っている材料と調味料

このレシピで使用している塩分の入った調味料を紹介します。
この調味料を使う事で、このレシピの塩分摂取量となります。
参考にしてみて下さい。
 
 

  • ー 塩 分 ー
    15g(大さじ1)あたり  0.71g
    100gあたり                71.7g

 

 

-作り方-

  1. アサリは砂出ししておく。
  2. プチトマトは半分に切る。
  3. パセリ、にんにくも細かく切っておく。
  4. フライパンに、にんにくとオリーブオイルを入れて弱火で炒める。
  5. 鯛の皮を下にして、焼き目をつけたらひっくり返して、アサリ・プチトマトを入れる。
  6. ワイン、水、塩を入れて蓋をして10分煮る。
  7. 蓋を取って、鯛を2切れずつとアサリ、プチトマトを三等分にして器に盛り付ける。
  8. 汁も同様に分けてパセリを散らして出来上がり。

 

 

 

ワンポイントアドバイス

  •  【アサリの砂抜き】
    50度のお湯に浸ける方法
    ① 50度のお湯に浸けて殻どうしを擦り合わせて15分ぐらい浸ける。
    ② 15分浸けた後、もう一度50度のお湯でサッと洗って終わりです。

  •  <50度のお湯の作り方>
    ・熱湯を作り同量の水を混ぜるとだいたい50度です。
    ・給湯器の温度設定を50度にしてお湯を作る。
     (私は、こちらで作っています。くれぐれも、使った後は元の温度に戻して下さいね)

     

 

 

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。