「お塩も減塩?!」減塩レシピに必要な天然塩とサラサラお塩の作り方

「お塩も減塩?!」減塩レシピに必要な天然塩とサラサラお塩の作り方

 

「お塩も減塩?!」減塩レシピに必要な天然塩とサラサラお塩の作り方

 
減塩の調理をすることになって、思ったことがあります。
 
塩を使って調理をする事が少ないことに気がつきました。
調理に塩を入れた場合に、後から調味料を足していくと、塩分が上がりどうも上手に出来ません。
なので、なるべく調味料を使った調理をしています。
そして、この発見がとてもうれしかったです!
精製された塩に比べて天然の塩の方が塩分が少ない事!
これに、気がついた時の得した感!! 
 
「塩1gも使うのに、塩分が0.7gでいける!!」\(^o^)/
 
 
 
 

スポンサーリンク

 
今使っている塩は、「粟國の塩」という商品です。
 
 
1gが0.71gと塩分が非常に少ない商品です。
作り方も丁寧に作られていて、ミネラルが豊富に含まれているのですごくまろやかです。
 
この塩に慣れると、精製された塩をかけて食べると正直、しょっぱ過ぎて食べれません。
塩を減らしたらいいんじゃないか?と思われますが、そんな問題ではなくて塩の一粒がしょっぱいのだと思います。
 
ただ、このお塩の欠点はすぐに湿気てしまう事です。
大きな粗塩になってしまいます。
調味料として液体の中に入れてしまう時は、特に問題はありませんが、食材に直接お塩をかけて引き立てる時は、なるべくまんべんにお塩をかけたいですよね。
 
そこで、考えたのがお塩を細かくする方法です。
細かくサラサラにすると、食材全体にまんべんなくお塩がかけやすくなります。
 
粗塩だと、一ヶ所にドバッと落ちてハイ終わり!みたいな事によくなりますので、少し面倒ですが多めに作っておくといいですよ!

 

 

 粗塩を細かくサラサラにする方法

 

【用意するもの】
 
お皿
すり鉢とすりこぎ棒

 

1.塩を適当にお皿に入れて、平たく塩を広げてラップなしでレンジで1分ほど加熱します。
 (塩と皿が少し熱いので気を付けて下さい)

1.塩を適当にお皿に入れて、平たく塩を広げてラップなしでレンジで1分ほど加熱します。

 


2.ここで塩がパラパラに出来ていればすり鉢に入れます。

2.ここで塩がパラパラに出来ていればすり鉢に入れます。

 


3. あとは、すり鉢でひたすら擦っていきます。

 

3. あとは、すり鉢でひたすら擦っていきます。

 


4.ここまで擦ると、粒が細かくなって使いやすくなります。

 

4.ここまで擦ると、粒が細かくなって使いやすくなります。

 

 

 

サラサラのお塩1g(塩分0.71g)を使ったレシピの紹介

 

『減塩で食べる!さくさく美味しい、れんこんのはさみ揚げレシピ』
れんこんのはさみ揚げ自体には、塩分はありません。
れんこんに付ける調味料で塩分の摂取量が変わってきます。
塩のみで1g塩分0.7gで食べることが出来ます。
塩とカレー粉を混ぜたものを付けて食べても美味しいです。

 

 

『今晩はちょっと豪華に!減塩で食べるローストビーフレシピ』
お肉の下味をつける時に、塩を1gお肉全体に塩を付けます。
あとは、全体に焼き色を付けてから肉を寝かしてほったらかしで出来上がる、超簡単で豪華な晩御飯!

 
 
 

 

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。