【減塩レシピ】 フライパンで簡単に作れる焼き鳥丼

【減塩レシピ】 フライパンで簡単に作れる焼き鳥丼
Pocket


手順は、いたって簡単。
鶏肉と白ねぎに両面に焼き色をつけたら、調味料を入れて少し煮たら出来上がりです。

フライパンで鶏肉の皮から一気に焼き色を付けるのですが、焦げる手前ぎりぎりまで焼き色を付けるのをおすすめします。
その方が、何故だか美味しいしタレにもよく絡みます。

お好みで、マヨネーズ(大さじ1塩分0.3g)と一味をかけて食べてもよりいっそう美味しいです。※マヨネーズを含むと1食が塩分1.9gになります。

少し前に見つけた私のお気に入りの鶏肉は、ニッポンハムの「桜姫」と言う鶏肉です。
これもまた、近くのスーパーで売られているものです。
そこではグラムあたり124円で売られていて、そんなに高いものではありません。

この鶏肉は、臭みもなく肉質は、しっかりとしていて何よりも皮がおいしい!!!
私が気に入っている所が「皮」なんです。

今まで、鶏の皮という皮は、嫌いというよりも美味しくない理由で、ほぼ使うときに剥いで捨てていました。
でも、この「桜姫」の鶏肉の皮が美味しいことに気が付いて、それ以来、鶏肉を使うときは、わざわざ「桜姫」を買いに行きます。
何だか、鶏肉にこだわった為に面倒な事になっています(^_^;)

と言うことで、鶏丼の鶏肉は「桜姫」を使って、減塩の丼を作りました。
どうも、鶏肉の宣伝みたいになってしまいました。

スポンサーリンク

 

【減塩レシピ】 フライパンで簡単に作れる焼き鳥丼写真は材料の一人分です。
  器の直径 18cm X  深さ 7.5cmです。

 

材 料  2人分 塩分1食1.6g

鶏もも肉                     400g
白ねぎ          1.5本

 

< 調味料 > 
*(普通)醤油 大さじ1 1/2 (22.5ml)
                                 塩分 3.2g
* 酒              大さじ2 1/2強 (40ml)
* みりん    大さじ1強 (20ml)
* 砂糖     大さじ1

 

使っている調味料

このレシピで使用している塩分の入った調味料を紹介します。
この調味料を使う事で、このレシピの塩分摂取量となります。
参考にしてみて下さい。
 
  • ー 塩 分 ー
    15ml(大さじ1)あたり 2.1g
    100mlあたり       14g
 

 
 
 

作り方

  1. 白ねぎは、4cmに切る。
  2. 鶏肉は、一口サイズに切る。
  3. 鶏肉を皮を下にして、フライパンに並べていく。
    この時は、まだガスは付けません。
    油もテフロン加工のものは、引かなくてもいいです。
  4. 鶏肉の上に、白ねぎを乗せて中火強で、皮に焼き色をしっかりつける
  5. 焼き色が付いたら、ひっくり返して同じく焼いていく。
  6. 焼き色が付きかけると、身が縮んでくるので、その隙間に白ねぎを埋めて焼いていく。
  7. 鶏肉に焼き色が付いたら、調味料を入れて中火で3分ほど煮て出来上がり。

 

 

 

ワンポイントアドバイス

  •  鶏肉は、皮を下にして焼くと油が出るので、テフロン加工のフライパンなら油は、引かなくても大丈夫です。
  •  鶏肉に焼き色をしっかりと付けることで、調味料を入れたときに焼き目に調味料が入っていって、味がしっかりするのと出来上がりが美味しそうに仕上がります。

  •  煮汁は、1人分が約大さじ2.5杯ぐらい取れました。
  •  ご飯の量は、上記の写真で300g入っています。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。