【減塩レシピ】 お餅が入ってボリューム満点!白菜とツナの煮物

Pocket

【減塩レシピ】白菜とツナとおもちが入った煮物

-1食 塩分1.4g-


ツナの出るダシと白菜の水分で煮ました。
いつもなら、これだけなのですが調味料を増やして「お餅」を入れてみました。
 
我が家は、皆んなお餅が大好きです!
なので、とっても好評でした。
それに、ボリュームもあってお腹いっぱいになります。
 
写真では、お餅がわかるように上に載せていますが、お餅は別茹した後、先にお皿に盛ってその上に白菜とツナを載せる方がいいです。
 
お餅が要らない場合には、調味料が少なくてすむので、ワンポイントアドバイスお餅なしの調味料分を紹介しています。
調味料が少ない分、塩分も少しですみます。
 
また、こちらも参考にしていただけたらと思います。
 

スポンサーリンク

 

 

【減塩レシピ】 お餅が入ってボリューム満点!白菜とツナの煮物写真は材料の一人分の量です。
  お皿は 幅22X15cm、深さ4cmです。

 

材 料  3人分 塩分1人1.4g

白菜                                  1/4
ツナ缶                    3缶
              塩分1.8g
お餅        3個 (お好みで)
 

< 調味料 > 
*(減塩)しょうゆ         大さじ2 (30ml)
                                       塩分 2.4g
* 酒          大さじ2 (30ml)
* 砂糖         大さじ2

 

 

 

使っている材料と調味料

このレシピで使用している塩分の入った調味料を紹介します。
この調味料を使う事で、このレシピの塩分摂取量となります。
参考にしてみて下さい。


  • ー 塩 分 ー
    15ml(大さじ1)あたり 1.2g
    100mlあたり       8g

 

 

 

 

  • ー 塩 分 ー
    1缶あたり    0.6g

 

 

 

 

作り方

  1. 白菜は、4cmほどにカットする。
  2. 鍋に調味料を全部入れて、火にかけて白菜の芯の方から入れていく。
  3. 白菜の上に、ツナ缶を汁ごと全部入れ、ほくして全体に広げる。
  4. あとは、蓋をして5分ほど弱火で煮る。
  5. 蓋を取って、白菜に火が通るまで煮込む。
  6. お餅を別に茹でて、先に器に入れる。
  7. 5.で出来上がった白菜とツナを上から載せて出来上がり。

 

 

 

ワンポイントアドバイス

  •  お餅なしの調味料です。(材料は同じ)
     (減塩)しょうゆ  大さじ1(15ml)
                                        塩分1.2g
      酒       大さじ1
      砂糖      大さじ1
    全体の塩分は、 3人分 塩分1人1.0gです。
  • お餅なしの場合、調味料が少なくなるので蓋を取った後、煮つめる時の火加減に注意して下さい。
    煮詰めた方が、味もしっかりしておいしいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • お役立ち情報

私が定番で使っている調味料は、さほど珍しくもありませんが、たまに置いていなかったり、売り切れていたり、はたまた商品が排除されていたりします。
もう、そんな時は本当に残念でなりません。

そこで思いついたのがネットスーパー!
いくつか探してみて、商品の品揃えが多かったのがイトーヨーカドーネットスーパーです。
品揃えが多いと一度に購入もできるし、ついでにお米やビールの重たいものまで配達してもらえるこの便利さ!

そして、なによりも調味料を探すストレスが減ります。

さらに、嬉しい事にここのプライベートブランドの調味料で塩分の少ない商品もありました。こちらのプライベートブランドの調味料を使っても塩分摂取量が変わらないので、お好きな方を選んでね。

-商品-
セブンプレミアム 味付けポン酢 大さじ1 (15ml) 塩分1.1g
セブンプレミアム 昆布だしつゆ 大さじ1 (15ml) 塩分1.1g

 

イトーヨーカドーネットスーパーの商品を見てみる

※ 見学することも出来ます!
  上の表記をクリックすると、一番下に 「ネットスーパートップページへ >」 のボタンがあり、それをクリックすると右端の下の方に「見学される方はこちら」のボタンがあります。
取り扱っている食品などがリアルに見れるので、どんな感じなのかがわかってとっても参考になりますよ!
まずは、見学してみてね (^^♪

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。