減塩の焼うどんの作り方!ほんだしを使って簡単に出来ちゃう大盛り焼うどん

減塩の焼うどんの作り方!ほんだしを使って簡単に出来ちゃう大盛り焼うどん

-1食 塩分2.2g-


ボリューム満点の焼きうどんを作りました。
息子は、麺類の時は麺を堪能したいらしく、ご飯を食べません。

 

麺類には、塩分が含まれていてそれだけで塩分が高くなる食品なので、なかなか食べれる機会がありませんでした。
そこで何とかぎりぎりの塩分で食べれるように、試行錯誤して作ってみました。

 

炒める時にうどんは、ほぐした後、ほんだしの素がうどんにかかるように、まんべんなくかけて下さい。

 

ほんだしは、減塩のものではなくて普通の「かつおとこんぶのあわせだし」を使っています。
キャベツは最後に炒めます。

ワンポイントアドバイスで、1食分を載せていますので、そちらも参考にしてみて下さい。

 

 

【合わせて読みたい】
こちらもボリューム満点の麺レシピです >>> 減塩の冷麺のタレを公開!つるつる食べれる大盛り冷麺の作り方  

 

 

スポンサーリンク

 

減塩の焼うどんの作り方!ほんだしを使って簡単に出来ちゃう大盛り焼うどん写真は材料の一人分です。
お皿は直径23cmです。

 

材 料   3人分  塩分1人 2.2g

うどん           4玉
牛肉            200g
玉ねぎ (薄切り)      半分
人参 (千切り)       50gぐらい
キャベツ (一口大にカット)  4分の1
かつお節          2パック

< 調味料 > 
 ほんだし             3g        塩分 1.1g

* しょうゆ     中さじ4  (40ml)
                                     塩分 5.6g
* お酒         大さじ2  (30ml)

*をすべて合わせておく

油             大さじ1

 

 

使っている調味料

このレシピで使用している塩分の入った調味料を紹介します。
この調味料を使う事で、このレシピの塩分摂取量となります。
参考にしてみて下さい。
 
  • ー 塩 分 ー
    15ml(大さじ1)あたり 2.1g
    100mlあたり       14g
  • ー 塩 分 ー
    1gあたり (味噌汁1杯分)   0.37g

 

 

 

作り方

  1. うどんの端を少し切ってから、30秒ほどレンジで温めた後、ほぐしておく。(やけどに注意してね)
  2. フライパンに油をひき、牛肉、玉ねぎ、うどんを順に炒める。
  3. うどんにほんだしが付くように粉末だしを振りかけて炒める。
  4. 3 にキャベツを加え炒めた後、
  5. 火を弱火にしてフライパンの熱が少し下がったら、合わせた調味料を入れて弱火~中火で炒める。 
  6. 全体に味が染みたところで、かつお節を入れて一気に強火で炒めて出来上がり!

 

 
 
 

ワンポイントアドバイス

  • 【焼きうどん 1食分】
    うどん                1.3玉
    牛肉           70g
    玉ねぎ (薄切り)     6分の1
    人参 (千切り)      15g
    キャベツ (一口大にカット)   12分の1
    かつお節             1パック

    < 調味料 >
    ほんだし   1g  塩分 0.37g
    *しょうゆ  大さじ1弱(13ml) 
              塩分 1.8g
    *お酒      中さじ1  (10ml)
    *をすべて合わせておく
     

  • うどんをレンジで温めた後にほぐす時、やけどに注意して下さいね。

追記 : 調味料と作り方を一部変更しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。