夏バテ防止に減塩で作るゴーヤチャンプル

夏バテ防止に減塩で作るゴーヤチャンプル

【減塩レシピ】ゴーヤチャンプル

-1食 塩分1.7g-


夏の野菜の代表格のゴーヤ。
今まで子供には、不評でしたが今回なぜか合格をいただき美味しかったみたいです!\(^o^)/  

 

単純に少し大人になったので、食べれるようになったのかもしれません。
私は、ゴーヤの苦さが大好きです!

 

沖縄では、夏バテ防止によく食べられる食材で、栄養はビタミンCが豊富です。
近年ますます暑くなり、外は灼熱で室内は寒いくらいクーラーがよく効きいて・・・と身体は対応するのに大変です。

 

それがストレスとなって胃腸の調子が悪くなったり、自律神経が乱れたりして夏バテとなっていきます。
そのストレスから守ってくれるのがビタミンCなんですね。
ゴーヤに限らずビタミンCを含む食材は多いので、上手に摂取して暑い夏を乗り切りましょう!

 

スポンサーリンク

 
夏バテ防止に減塩で作るゴーヤチャンプル

写真は材料の3等分した一人分の量です。
お皿は直径20cmです。
                            

 
 

 

材 料 3人分  塩分1人1.7g

 

豚のこまぎれ                      100g
豆腐                                  350g
ゴーヤ             1本
玉子                                   3個
かつお節         2パック

 

< 調味料 > 
* 減塩のつゆ(4倍濃縮)      大さじ3 (45ml)
                                         塩分 3.6g
* しょうゆ             大さじ3分の2(10ml)
                                         塩分 1.4g
  

ごま油             大さじ1

 

使っている材料と調味料

 
このレシピで使用している塩分の入った調味料を紹介します。
この調味料を使う事で、このレシピの塩分摂取量となります。
参考にしてみて下さい。

 

 

商品の塩分
15さじ1 (15ml) あたり 2.1g

 

 

 

 

 

 

 

    食欲がなくなったら、食べやすい冷麺はどうですか?
 減塩の冷麺のタレを公開!つるつる食べれる大盛り冷麺の作り方 

 

 

 

作り方

 

  1. 豆腐は、水切りしておく。
  2. ゴーヤは、1gの塩で塩をまぶしてしばらく漬けた後、水で洗い流して絞ります。
  3. フライパンにごま油をしき、豚肉、ゴーヤ、豆腐の順に炒めます。
  4. 火を弱火にしてフライパンの熱が少し下がったら、3.に減塩のつゆを大さじ2を入れてしばらく弱火~中火で炒める。 
  5. 4.に玉子を回しかけ火が通ると残りの調味料の減塩つゆ大さじ1しょうゆ10mlを具材にまわしかけて、最後にかつお節を入れてさっと炒めて出来上がり。

 

 

 

ワンポイントアドバイス

  • 調味料は、具材に味が届きやすいように、2回に分けて入れます。
  • 減塩のつゆは、4倍濃縮ですが水で薄めずそのまま使います。
  • ゴーヤは、薄ければ薄いほど苦味も和らぎます。
    我が家では、2mmほどにスライスしています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。